一軒家

快適な生活には金属塗装やリフォームが大切|幸福なライフタイム

廊下や階段に手すり

エクステリア

トイレやお風呂は屈伸運動を行なうので、足がうまく動かなくなったり、痛んだりするときには、手すりをつけると楽になります。階段なども手すりをつけることで昇り降りがスラスラ出来るようになります。

詳細を確認する

種類や塗装に大切なこと

塗装

金属塗装の塗料は、メラミン樹脂やアクリル樹脂、高分子樹脂、シリコン樹脂などです。用途や金属の材質によって使い分けられ、塗布後焼付乾燥を施します。メラミン樹脂は、耐候性、耐摩耗性に優れており、鋼製家具や電気機器に使用され、アクリル樹脂は耐候性、耐薬品性にも優れているため、家庭用電気機器、住宅関連機器などにも利用されます。高分子樹脂は、有機溶剤を使用しないため、環境に優しく、建築資材などに使用されます。シリコン樹脂は、耐熱、耐候性に優れているため、暖房機の吹き出し口などに使用されているのです。

金属塗装の作業工程は、表面の油分を除去する脱脂から行われます。下地を塗り、乾燥炉に入れ、一度目の焼付乾燥を行い下地を定着させます。上塗りを二度行うことで、強い塗膜を作る効果があり、色を定着させます。更に乾燥炉で焼付乾燥すると、上塗りがしっかりと定着するのです。

手すりの金属塗装には、メラミン樹脂、アクリル樹脂、高分子樹脂、シリコン樹脂などの塗料を使用し、焼付乾燥させながら、下地や色を定着させる方法が一般的です。最近では、DIYの流行によりベランダの手すりの金属部分の塗装を自己で行う人も増えています。自己で塗装を行う時は、錆をしっかりと落とし、必ず防錆剤を塗布してから上塗りをしていくことが重要です。

金属塗装をプロの業者に依頼する時は、材質や用途に合わせて塗料を選び、下地塗りや上塗りの後には乾燥炉に入れ、焼付乾燥を行うことで強い塗膜を作り、塗装を長持ちすることができるのです。塗装にお金をかけたくない時には、自己で塗装をする場合もあるが、長持ちしないので、定期的な塗り直しが必要です。インターネットサイトでも多数の塗装業者がヒットするので、見積を出してもらい、作業工程、金額ともに妥当な業者を選定するのが確実です。

バリアフリーの設置

家

バリアフリーリフォームをするときは、利便性が大切です。廊下の手すりの高さなどもとても重要になります。リフォームをするときはそういった高さや階段の昇り降りが楽にできるように手すりを設置することなどが大切です。

詳細を確認する

悩みを解決するシステム

雨漏り

機械などに錆を浮かないようにするためには金属に特別な塗装を施す必要があります。この金属塗装は専門業者で行なうことが一番の方法ですが、塗装業者も頼れる臭いを消し去ってくれるシステムがあります。

詳細を確認する